教育・研究活動
研究開発

逸村 裕(専任室員・助教授)

■研究開発事項

  1. ハイブリッドライブラリーの研究開発
  2. 情報技術と図書館
  3. 学術情報流通のマネージメント
  4. 図書館と情報専門職の将来像

■研究開発概況(テーマごとの課題内容と成果、今後の課題等)

1. ハイブリッドライブラリーの研究開発

2001年度に提案した「名古屋大学学術情報コラボレーションシステム計画」に着手した。
2002年9月21日には「名古屋大学学術情報コラボレーションシステム構想」 逸村裕、秋山晶則連名で、情報処理学会人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん)2002(PNC Annual Conference and Joint Meetings 2002 - PNC/ECAI/IPSJ-SIGCH/EBTI - にて研究発表を行った。
2002年度末までに高木家文書目録をベースに13,000件のメタデータをシステムに搭載し検索システムの実験的稼動を見た。一次データも絵図等を1,800件搭載した。
このシステムは高木家文書デジタルライブラリーとして2003年3月7-16日の展示会「川と共に生きてきたII」にて実験的に公開を行った。
2003年3月からは、愛知県教育委員会との協議に入り、地域貢献に役立つ電子図書館機能のいっそうの強化を図っている。

2. 情報技術と図書館

2002年度は「情報化に対応した公共図書館職員の研修の在り方」について調査研究活動を行った。ここでは研究プロジェクトチームを編成し、海外事例調査、文献調査に加え、全国の公共図書館員1000名を対象とした、研修歴調査及び今後の研修に望むこと、特にe-Learningでの可能性についての質問紙票調査を行った。また、全国10都道県から17名の公共図書館員からヒアリング調査を行った。
この結果は平成15年3月に『情報化に対応した公共図書館職員の研修の在り方に関する調査』としてまとめ、刊行した

3. 学術情報流通のマネージメント

今日の国立大学図書館の課題のひとつとして電子図書館機能の充実がある。国立大学図書館での本格的な電子図書館機能の開発は1995年学術審議会「大学図書館における電子図書館的機能の充実・強化について(建議)」により「先導的電子図書館プロジェクト」としていくつかの大学において電子図書館機能の実験が行われたことに始まる。多くの大学図書館が取り組んできたその活動は、多大な予算がつぎこまれてきたが、十全な成果を挙げているとは言い難い。一方、その間に電子ジャーナルの急速な普及、欧米におけるe-Learningの浸透さらには電子ブックの大学教育への影響と多くの動きが見られる。
さらにはディジタル・レファレンス・サービスのような新しい図書館サービス機能の拡充も視野に入れつつ、実地調査と文献調査を行い、電子図書館機能の再構築の検討を行っている。

4. 図書館と情報専門職の将来像

上記2における調査及び学術図書館員の専門職としての現状と可能性について調査を行う準備中である。

■成果のリスト

[論文等]

  1. e-Learningによる研修の可能性. IT時代の公共図書館:地域情報拠点としての付加価値サービス実現に向けて. 東京,高度情報映像センター, 2002. pp.42-47.
  2. デジタル・ライブラリアン研究会.「情報化に対応した公共図書館職員の研修の在り方に関する調査」報告書. 東京, デジタル・ライブラリアン研究会. 2003. 144p.

[学会発表]

  1. Hiroshi Itsumura, Masanori Akiyama. The design plan for the Nagoya University information collaboration system. IPSJ symposium series vol.2002, no.13. pp.43-46. (情報処理学会人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん)2002(PNC Annual Conference and Joint Meetings 2002- PNC/ECAI/IPSJ-SIGCH/EBTI. 2002年9月21日)

[講演等]

  1. 「図書館におけるインターネットを通じた情報サービス」. 東北地区大学図書館協議会合同研修会. 2002年7月18日.
  2. 「これからの学術コミュニケーションと大学図書館の役割―国立大学図書館の視点から」. 2002年度三田図書館・情報学会研究大会パネルディスカッション. 2002年10月12日
  3. 「海外の大学図書館の事例」. 2002年度文部科学省大学図書館員講習会. 2002年11月14日. 京都大学
  4. 「海外の大学図書館の事例」. 2002年度文部科学省大学図書館員講習会. 2002年11月21日. 東京大学
  5. 「電子図書館の運営」. デジタル・ライブラリアン研究会. 2003年1月11日.
  6. 「大学と地域社会―情報資源コラボレーションの可能性-」. 2003年3月8日. 名古屋大学附属図書館講演会『地域資料の高度活用にむけて』

戻る