教育・研究活動
活動報告

■第26回オープンレクチャー

参加自由・入場無料です。関心のある方は是非お越し下さい。

日時2007年07月23日(月) 18:00~19:15
講師前田 博子(豊田工業高等専門学校建築学科講師)
タイトル公共図書館に流れる変化の風~日本と韓国の事例より~
場所中央図書館5階多目的室
概要 日本と韓国(ソウル)では内容は異なるが公共図書館において、それぞれに大きな変化の時を迎えている
 日本の公共図書館では、PFI法や指定管理者制度の導入により管理運営に関して大きな変化が生じている。公共図書館の管理運営に民間の力を導入しようとするものだが、民間企業のみならずNPOにも門戸が開かれている。現在のところ数は少ないがNPOが指定管理者になっている事例、および日本で初めてNPO図書館である高知こどもの図書館を取り上げ、図書館への熱い思いを持った人たちによる公共図書館の事例を通して、理想の図書館像を探りたい。
 また韓国ソウルではここ20年の間に市立図書館の空間構成が大きく変化した。図書館の空間構成の特徴と経年変化を通して図書館の方針の変化を読み取ることができる。また市立から区立へという運営主体の変化によって、新しい動きをみることができる。これら韓国ソウルでの変化の事例を通して日本の公共図書館での課題を検討する。
配布資料