教育・研究活動

■2002年度事業報告

(1) 室員及び研究開発内容

室長 伊藤 義人 全体統括
専任助教授 逸村 裕
  1. ハイブリッドライブラリーの研究開発
  2. 情報技術と図書館
  3. 図書館情報流通のマネージメント
  4. 図書館と情報専門職の将来像
専任助手 秋山 晶則
  1. ハイブリッドライブラリーの企画立案及び
    コンテンツ作成に関わる研究開発
  2. 附属図書館所蔵古文書及び関連資料の整理・研究
  3. 主題知識を持った図書館情報リテラシー教育
兼任教授 杉山 寛行
  1. 附属図書館所蔵漢籍の調査・目録作成とDB化、
    及び資料活用の高度化をめざすための研究開発
  2. 伊藤圭介と尾張本草学・医学
兼任助教授 長尾 伸一
  1. 本学所蔵の西洋近代思想に関する資料の調査、利用方法の検討
  2. 近代イギリス思想史に関する
    デジタルコンテンツの作成と公開方法の研究
兼任教授 山内 一信
  1. 伊藤圭介生誕200年記念シンポジウムの企画
  2. 伊藤圭介日記の解読
兼任教授 溝口 常俊
  1. 高木家文書(宗門帳)のDB化及びライフコース分析
  2. 尾張・美濃の地誌、明治の統計書のDB/地図化
  3. 愛知県の環境史
兼任教授 吉川 正俊
  1. XMLサーチエンジンに関する研究
  2. XMLファイルシステムに関する研究
兼任助教授 松原 茂樹
  1. 学術情報の二次情報化に関する研究
  2. 文書情報変換のための自然言語処理
  3. 対話的情報検索に関する研究
兼任助手 平野 靖
  1. 電子図書館における学術情報提供に関する研究
兼任助手 津田 知子

(2) 活動概況(開発室全体に関する事項)

4月 18日 第1回教官会
5月 20日
30日
第2回教官会
第1回運営会議
6月 17日 第3回教官会
7月 15日 第4回教官会
8月 22日 メタデータ講習会(逸村)
9月 20~22日 IPSJ-CHシンポジウム研究発表(逸村・秋山)
「名古屋大学学術情報コラボレーションシステム構想」
30日 第5回教官会
10月 21日 第6回教官会
11月 18日 第7回教官会
12月 11日 Yi-Tzuu Chien 博士講演会(情報連携基盤センターと共催)
「社会移行期における電子図書館の役割:米国からの洞察」
13日 大学図書館講演会(東海地区大学図書館協議会と共催)
倉田敬子慶応大学文学部教授
「学術情報の電子化が意味するもの:研究者の立場から考える」
16日 第8回教官会
17日 第1回懇談会:平野「大学ポータルの概要と展望
1月 20日 第9回教官会
2月 24日 第10回教官会
28日 第2回懇談会:吉川「XMLと大学図書館」
3月 7日~16日 春季特別展「川とともに生きてきたII」
高木家文書デジタルライブラリ試験公開
地域貢献特別支援事業費・総長裁量経費)
8日 講演会―地域資料の高度活用にむけて―
秋山「北高木家関係文書にみる木曽三川流域治水」
溝口「甦る地域空間―尾張と美濃の近世・近代」
逸村「大学と地域社会―情報資源コラボレーションの可能性」
17日 第11回教官会

(3) 刊行物

・ Libst News Letter No.1 2002年 9月 1日付
・ Libst News Letter No.2 2003年 2月14日付
・ 川とともに生きてきたII〈展示図録〉 2003年 3月 6日付
・ 名古屋大学附属図書館研究年報 2003年 3月31日付
・ 附属図書館研究開発室年次報告 2003年 3月31日付

戻る